オーガニックって?

オーガニックという言葉が、私たちの生活に自然になじみ、何気なく使っているのですが、実際の話「オーガニック」ってなんなのでしょうか?
8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s

スポンサーリンク

オーガニックの意味

オーガニックというのは、有機と同義語です。農薬や化学肥料に頼らず、自然の恵みを生かした農法などを意味します。

オーガニックコスメとは?

オーガニックで作られた作物を中心とした原料で作られた化粧品をオーガニックコスメといいます。欧米では基準が厳しく、農薬や化学肥料を数年以上使っていない畑で栽培されている事。幹線道路から数メートル離れている事。原料の数パーセント以上がオーガニック原料で作られている。など非常に細かく決まっています。各国によって規定は様々ですが、まとめると規定以上の植物原料が使用されて作られた化粧品がオーガニックコスメとなるようです。

ナチュラルコスメとオーガニックコスメ

オーガニックコスメの基準は各国で認定基準に違いがあります。日本でもオーガニックコスメの認定機関はあるものの厳密に基準ははっきりしていないようです。化粧品でナチュラルコスメとオーガニックコスメの認定には多少の違いがあるようです。ナチュラルは天然成分についての基準であるのに対して、オーガニックはオーガニック原料の使用量に関しての基準であるようです。せっかくオーガニック原料を使用して作られても製造過程最後で合成成分を加えた商品もオーガニックと認定されているのが日本のオーガニックコスメの現状のようです。

オーガニックは安全?

オーガニックの認定を取ったコスメは安全であるかというと、オーガニックフードと異なり、オーガニックコスメにおいてはいまだにあいまいなところが多いようです。オーガニックフードは規定がしっかり決まっており、厳密な基準で作物を生産しなければいけないのですが、それに伴い、オーガニックコスメも合成成分を全く使っていないような化粧品と思われがちですが、一部の合成成分の使用を認めているのが現実です。

今後に期待日本のオーガニック協会

日本のオーガニックコスメ協会は化粧品ユーザーの立場に立ちオーガニック食品と同等な基準で審査するべきという姿勢でオーガニックに取り組んでいます。全てがオーガニック原料で安全性がかなりの確率で確認されている成分での基準でこそ、オーガニックコスメというべきだとの考えで活動しているそうです。消費者も単にオーガニックという言葉で安心するのではなく、しっかりと意味を理解し自分で使うものだから自分で責任を持つことも大切だと思います。日本ではオーガニックが意外にも曖昧になっているので、オーガニック=安全と思いがちですが、オーガニックの意味を理解して見極める必要があるようですね。

スポンサーリンク